Discontinued

THE ANCHOR II


モデル名 : THE ANCHOR II
(ジ・アンカー・ツー)
種別 : コンプレッサー

税込価格 :32,914円
レビュー割引価格 : 30,914
受付休止


Features

オプティカルゲインリダクションによるスムースな圧縮感を得られるコンプレッサー/リミッターです。
THE ANCHORを基本とし、ワイドレンジな楽器(特にハイエンドベース等)を接続した際に、オフの時の音も含めて、元のレンジ感をなるべく損なわないように一部を変更しました。
チューナーミュートスイッチや、DC OUT端子を搭載し、楽器とアンプの間に挟むものを極力少なくしたいというリクエストに応えたモデルです。
クリップ、リダクションインジケーター付き。


Controls

(1) OUTPUT
最終的な音量を決定します。

(2)
REDUCTION
圧縮する量を調節します。右に回すほど強く圧縮されます。
緑のインジケーターでかかり具合を確認できます。

(3)
INPUT GAIN
入力ゲインを決定します。赤のインジケーターが点灯する手前まで上げ
ます。(赤のインジケーターが多少点灯しても耳障りな歪み方にはならないので、強く弾いたときに点灯する位
の目安でも大丈夫です。)

(4)
S.C.FULL / S.C. LOW-CUT
S.C.はサイドチェインの略で、内部でコンプレッションのきっかけになる部分へ送る信号と考えて下さい。
FULLでは入力されたそのままの信号を送る通常のモードです。
LOW-CUTでは入力された信号の低音を削ってその部分へ送るモードです。例えばベースのスラップ演奏時に
高音弦の側にだけコンプをかけて粒を揃えたい様な時に使用します。

(5)
COMP / LIMIT
コンプレッサー動作と、リミッター動作の切り替えをします。

(6)
TUNER MUTE
オンにすると赤のインジケーターが点灯し、アウトプットがミュートされ、チューナーアウトへ信号が流れます。
本体のオン、オフは関係ありません。

(7)
ON / OFF
オン、オフスイッチ。オフ時はトゥルーバイパスです。

 

■リアパネル■
リアパネルには “TUNER OUT” “DC IN” “DC OUT”のジャックが付いています。
“DC IN”と“DC OUT”は、もともとアダプタ1台+本機+チューナーのみというセットでの使用を考えて搭載されています。構造は内部で繋がっているだけなので、DC分岐ケーブルで接続した時と同じとなります。
ただし電池を搭載している場合は、アダプタからは必ず“DC IN”の方へ接続して下さい。


Specifications

■ 電源 ■
006P乾電池(1個)アルカリ電池推奨、ACアダプター(入力:AC100V 50/60Hz、出力:DC9V、センターマイナス、2.1mm ) ※安定化されていないものは9V以上の電圧が出力されている場合があり、故障の原因になる可能性がありますので、なるべく安定化されているアダプタを使用して下さい。

■ 消費電流 ■
約42mA (DC9V)

■ サイズ ■
120 (W)x 75 (H)x 95 (D)mm

 


Manual

取り扱い説明書をダウンロードして頂けます。
詳細な仕様や注意事項の記載
もありますので、ご注文前にご確認下さい

THE ANCHOR II Manual