投稿者:
KS 様 (東京都)

使用ギター:
PRS McCarty

使用アンプ:
JC-120

演奏ジャンル:
rock (HR/HM ほかファンクめなものなど)

好きなアーティスト:
B'z stone temple pilots  Robben Ford

レビュー:

鈴木健治さんがコンプレッサーを常時ONで、歪ませているときもコンプをかけていると聞き、
その理由により強い音にするためにと聞いていましたので私も常時ONで使用することを
主な目的として購入いたしました。

歪はOD-FIVE 2 CROSSを使用していましてこの歪自体単体で使ってもアンサンブルの中で
非常に音抜けの良い前にガツンと出てくる音をしてくれているのですが
THE ANCHORを併用するとより音としての存在感のある、ひきしまった音になってくれます。

印象としてはサウンドのキャラクターやセッティングした歪の基本的なバランスそのままに
弾いたときの各帯域の出具合がが整理されることで一歩前に音が出てくる感じでした。

私はバンドにもう一人ギターがいる編成でギターを弾いているものですから
そういったアンサンブルの中で試すとOFF時と音量は変わらないのですが
THE ANCHORをONにしているとき確かにより音が前に出てきてくれ埋もれにくい音にしてくれます。
なのでこの使い方には非常に重宝しています。

クリーンサウンドのみに焦点を絞った使い方はまだ自分は詰めてセッティングをいじることは
できてないのですが歪と併用しているときのセッティングそのままでも
アルペジオ弾いてもカッティング弾いてもきれいなサウンドでバランスの良いサウンドで
ミュートで単音弾きしても弾いていて気持ちのよいコンプレッションで病み付きになりそうです。