投稿者:
中山 様(長崎県)

使用ギター:
Fender Custom Shop 1961 Custom Telecaster NOS (2009年くらい)
GRETSCH 6119 TENNESSEAN (1967年)
GRETSCH 6119 TENNESSE ROSE (2000年くらい)
GIBSON Les Paul Custom (1985年くらい)

使用アンプ:
FENDER Hot Rod Deluxe 
VOX AC15C1 

演奏ジャンル:
ROCK

好きなギタリスト:
ジョン・フルシアンテ、オマー・ロドリゲス・ロペス


レビュー:
どこかで『Ovaltone TERMINUS』のエフェクトレビューされている記事を拝見し、
その方の表現に、私の求めているペダルに近いのではないかと興味を持ちました。

この度、購入させていただき使用しているのですが、まだ自宅での使用のみで、
レビューを書くには早いかと思いましたが、とりあえず初期インプレッションとして投稿いたします。

まず、外観ですが、おもったより一般的なエフェクター筐体より高さあり分厚い感じです。
パイロットランプLEDが2つありましたので、エフェクトモードにより点灯状態が変わるのかと思いましたが、
そういうシステムではありませんでした。

サウンドですが、エフェクトオンでの極端なトーンキャラクターの変化がなく、
アンプの原音に近いニュアンスで歪をプラスされている印象です。
歪のレンジはかなり幅広く、クリーンクランチ~ハードドライブまでカバーできるようです。

興味のあった『Break』ですが、程よいレベルにすれば、いい感じ潰れ感の心地良いトーンが出せると思いました。
バンドでの音出しを試しておりませんので、バンドでの音抜けやマッチングは分かりませんが、
まず間違いなくボードに組み込むエフェクターになると思います。

とにかく幅広い歪レンジがありますので、違う設定で使用する為
『Ovaltone TERMINUS』をもう一台購入しても良いかなと考えております。