※OVALTONE CLEAN BOOST 2 レビューです。


投稿者:
まこじ様(東京都)

使用ギター:
PRS 24 Custom (HH)
Suhr Standard Pro (SSH)
Fender Stratcaster (SSS)

使用アンプ:
Carvin Legacy 3
Marshal JCM 900

演奏ジャンル:
ハードロック、ヘヴィーメタル、ジャズ、ポップス

好きなアーティスト:
Nuno Bettencourt、Zakk Wylde、Paul Gilbert、Steve Vai、
Eric Johnson、Robben Ford


レビュー:
Clean というだけあって、音色に味付けを一切していない Booster です。
このエフェクターを通しただけで、Volume A と B のどちらかを選択してボリュームを調整することとなります。
ただし、それぞれのボリュームを最大にしても、音量は増えないようです。
そこで、Boost を ON にすると、最大約 13 db の音量がアップします。
それぞれのボリュームと Boost 機能によって、4 種類のボリューム設定を行うことができます。

エフェクターの最後に配置してマスターボリュームとして利用するのもよいと思いますが、
自分は、歪みエフェクターの前に設置して使っています。
歪みエフェクターに入力されるボリュームによって、歪みの増減をコントロールできるからです。
歪みエフェクターは、Clean Boost と同時に購入した OD-FIVE 2 です。
OD-FIVE 2 は 2 チャンネルを切り替えることができますから、
歪み前に Clean Boost を配置することで、4 種類のボリュームと歪み 2 チャンネルの組み合わせが実現でき、
いっきに 8 種類の歪みを手に入れることができます。

スイッチャーを導入して歪みの数を増やせば、さらに歪みの種類が増えますので、どのような曲がきても怖くありません。