投稿者:
Boo様 (BEFORE MY LIFE FAILS)

使用ギター:
ESP Flying V 

使用アンプ:
Hughes & Kettner  Duotone
Marshall JCM2000

好きなアーティスト:
Randy Rhoads, Slash, Van Halen, 松本孝弘

演奏ジャンル:
Rock, Metal, Hardcore


レビュー:
Ovaltoneさんの製品を買うのはVERMILION BOOSTに続き2回目。
今回は、MOMENTとPower Supplyをオーダーしました。

現在エフェクター6個を直列による音痩せ、パワー落ちが気になっていたので、バッファーの導入を考えました。
特にトゥルーバイパス不可のワウペダル(Crybaby 95Q)の音痩せは諦めて音作りしていましたが、
このMOMENT導入によって不満は一発で解消しました。

このバッファーは効き具合を調節できるのですが、ツマミMAXを基準、ハイゲインセッティングでの使用した場合です。

まず、最初の使用感として、出音の輪郭がハッキリとし、ハリのある抜ける音になりました。
エフェクターの乗りも良く、まとまりが出ます。

ハイゲイン下での余分な低音のモヤっとしたところ、高音のチリチリしたところがスッキリしました。
逆に言えば、音圧が削がれて、少し細くなる印象です。
しかし、出音がハイファイなためアンプ側のEQ、ゲインの調節で、さらにクリアでヘビーな音作りが出来ると思います。
今まで音作りで加減して下げていたEQ、ゲインを上げられる点が面白いです。


このMOMENTの製品説明内で、「アクティブピックアップを使用しているかのような~」とありますが、
以前使用していたEMGピックアップの様な、フィルターが掛かった感じはありますが、
出音の音量が補正される感じはありません。
良い意味でも、悪い意味でも、このバッファーの色が出る印象です。
効き具合は0~10でかなり変わるので、好きな箇所でセッティングできると思います。


また、一度ベースで使用しましたが、生音に近いぶん効きがハッキリと出るのか、ギター以上に効果がありました。
Ovaltoneさんからも、ベースでの使用環境も想定で設計していると回答頂きました。


使用して間もないですが、私が使った感想は以上です。
試してはいませんが、電圧が18Vにも対応しているみたいで、幅広い環境で使用できそうです。
ローゲイン~クランチの環境で使用した場合、また違う感じでしょうが、
今ある音をクリアにハイファイな音にしたい場合はオススメだと思います。


あと、Power Supplyの感想ですが、、、とにかく軽量で小さいです。
MXRのコンパクトエフェクターサイズでボード内にスッキリ収まります。
OUT端子も最大13個まで増設可能との事で、そこはハンドメイドブランドならではですね。


最後に。
前回はオマケでオリジナルピックが付属されていたのですが、
なんと今回はミニエコバッグにパワーアップしていました!!!
今後も田中さん(中の人)の遊び心に色々と期待しています!(笑)