投稿者:
ls-effect1様

使用ギター:
Yamaha SC3000, Fender Telecaster Deluxe

使用アンプ:
Fender Squier Bass, Roland SR-60

演奏ジャンル:
POPs

好きなアーティスト:
Ritchie Blackmore, Yngwie malmsteen


レビュー:
私は、基本的にはクリーンサウンドが好きですが、時々フレーズによってドライブ感を出したい時に、
クリーンさを残しながらも原音を軽く覆うようなディストーションを
手軽にかけてくれるエフェクターがあればと探したところ、この製品にぶつかりました。
よくありがちな、アブラゼミの鳴き声のような原音をつぶすエフェクトではなく、
ワイルドでありながらも軽い、原音を生かしたようなものを期待したわけです。

 このエフェクターは、エフェクトの量に幅があり、{原音を残し}という触れ込みの通り、
原音の音色を残しながらトーンだけ変わるような極軽微な掛け方から、
原音がわからなくなるような深い掛け方まで対応しており、けっこう幅広い音楽に対応するように思えます。

ただ、深い掛け方といっても、けっしてギンギンハードロックのそれとは異なり、
どことなく優しい感じのするディストーションです。
ちょうど踏んだ落ち葉が、がさがさいいながら崩れていくような感じと言えば良いでしょうか?

それとブレンドコントロールで、原音とMIXできますので、使い方によってはかなり特色のある、
創造的な使い方が生まれる潜在能力を秘めてるようにも感じられます。
結果的に、普通のディストーションとは一味違う、
他と異なるものを求める思考の人に向いている製品と言えそうです。

 100%ではないにしろ、かなり理想に近いものでしたので、
今後他のエフェクターと合わせながらいろいろ試していきたいと思わされる製品です。