投稿者:
KM 様

使用ギター:
ストラトキャスター、ストラト系SSH、レスポール等

使用アンプ:
Marshall JCM2000 201

演奏ジャンル:
Pops、Rock、Jazz、Metal

好きなアーティスト:
春畑道哉、今剛、Steve Lukather等々…


レビュー:


割とスタンダードな楽器とアンプで試しました。
Marshallは2000と900、JC120など基本スタジオにあるもので試したのですが、
結果は一言で言うと「ある程度であれば、どれにでも合う」です。

やはりクセのあるアンプに繋ぐべきではないかな、と。
トランジスタ系アンプの化け方があまりに印象的でそう思ったのかもしれませんが(笑


サウンドに関してはいわゆるあのアンプのイメージを崩さずにおいしい部分を
コンパクトな筐体に詰め込んだって感じです。
アンサンブルの中でしっかり抜ける音が自然に時間をかけずに作れてしまうのはすごいなと思いました。
もはやディストーションペダルという括りでは収まりきらないサウンドですw

アンプらしい歪みペダルが欲しい人には星の数程存在するペダルの中で特にお勧めできるでしょう。
この歪みは中々出せないですから重宝しますよ…!

これまで例のハイエンドアンプをイメージしたペダルは沢山あったと思いますが
コントロールの扱いやすさ、利便性、そして何より良心的なお値段(笑
どれをとってもトップクラスの物だと感じました!
特に値段はおかしくないですか…?学生でもがんばれば買える値段でこのクオリティ…
恐るべしovaltone。


でも一つだけ気をつけなければいけないことがあります。

それはアンプです。このペダルの虜になってしまうと今度は良いアンプが欲しくなるのです…!
そういう意味で非常に恐ろしいペダルと言えます。ご購入を検討中の方はお気をつけて(笑